2020/06/23(火)IPoE関係

PPPoEとIPoEという接続形態
携帯電話の普及に伴って、インターネットの利用が進んだ結果、従来のインターネット接続方式のPPPoEでは、NTT局舎内に設置されたPPPoEサーバでピーク時のトラフィックを捌くのが難しくなってきた。NTTのサーバ増設の判断基準となるトラフィック量が現実のユーザの利用状況と乖離していることもあり、20~24時のネットワークのスピードダウンはかなり酷い状況になってきている。
現状のPPPoEによるスピードダウンの解決策としてクローズアップされてきたのがIPoEである。なにやら新しい技術かと思いきや、何のことはないインターネット接続をイーサネットで直接接続しているかのような形になるだけだ。
IPoEを実現するためにはプロバイダ側の準備期間が必要だったが、最近になって多くのISPでIPoE化が進むようになってきた。
IPoE接続では、認証というものが存在しない。LANケーブルを接続するだけで、IPv6のインターネット接続のアドレスが付与される。市販されているルータを買ってきて線を繋ぐだけで、インターネットに繋がっているという状況になる。
IPoE下でのIPv4
IPoEで実現されるインターネット接続のプロトコルはIPv6だけである。現状では大半のインターネットサーバのサービスはIPv4のため、これを橋渡しするためのプロトコルが必要で(もちろんPPPoEとの共存という手もあるが、そうするとパフォーマンス問題は残る)そのプロトコルとして現在メジャーな方式が、DS-Liteやらmap-eといったプロトコルである。IPv6の回線を通してIPv4を使うための方式となる。原理的にはIPv4の1つのグローバルアドレスを共有するプロバイダが提供するNATのようなものだと考えることができる。プロバイダによってmap-eといっても微妙に異なるパラメータが使われているため注意が必要な状況だ。
IPoEでのサーバ運用関係
サーバ運用ではプロトコルによって特定のポートを使うものが殆どだ。IPv4でサーバを公開するのはIPoEでは困難となる。よってPPPoEでの接続を使うのが常道だと思う。

2020/06/12(金)Windows10 NVIDIAドライバに泣かされる

ちょっとした出来心から既存環境でCPUファンを入れ替えて再起動したら、
Windowsブート中にフリーズするようになってしまって、結局原因が分からずOSの再インストールすることにした。
それでもフリーズが解決せず、2,3度とクリーンインストールを繰り返したが一向に解決できない。
繰り返している内に、ネットからドライバが自動更新で入るような気がしてきた。

NVIDIAドライバを入れた途端に起動不能になるという症状だった。
試しに最新と思われるNVIDIAドライバを入れてみた→起動不能になったので、ドライバを一旦削除しようと
調べている内に、バージョンが不統一になっていることに気が付いたのだった。

削除を徹底するために、古いバージョンのも全部抹消することを試している内に、
ビデオドライバをセーフモードでインストールするような操作をしているツールを見つけた。

リアルモードでビデオドライバをアップデートするのはトラブルの原因になることがあるらしい。
最新バージョンのドライバをインストールするのに、セーフモードで且つバージョンの
混入が考えられない状況を準備して試したところ、リアルモードでも起動が正常になった。

通常起動ではフリーズしてしまうので、原因究明だけで1日半かかった。
セーフモードにすることだけでも何度も起動を繰り返してしまって、
形にできるまで、まる2日かかってしまった。

ビデオドライバに関しては、セーフモードでクリーンにした上で、セーフモードで
ドライバ・インストールを完了させたほうが良いようだ。リアルモードだと画面が落ちたり
するが、それが防げるような気がする。

2020/06/01(月)真コーポレーション DHCPサーバの逆襲

真コーポレーションのDHCPサーバは、同じマシンが同じIPになる可能性が低い。
DHCPでリースしている領域のマシンに別のマシンが入り込んでトラブルになったり、
別アドレスが振られてトラブルになったりと散々だ。
取り敢えずはDHCPによらず、それぞれのPCは固定アドレスとし、
かつDHCP側は192.168.0.10から振るようにリースアドレスを設定した。
OK キャンセル 確認 その他