2020/06/12(金)Windows10 NVIDIAドライバに泣かされる

ちょっとした出来心から既存環境でCPUファンを入れ替えて再起動したら、
Windowsブート中にフリーズするようになってしまって、結局原因が分からずOSの再インストールすることにした。
それでもフリーズが解決せず、2,3度とクリーンインストールを繰り返したが一向に解決できない。
インストールを繰り返している内に、インターネットからドライバが自動更新で導入されているような気がしてきた。
起動出来るのはNVIDIAドライバを入れていない時に限られ、NVIDIAドライバを入れたら起動不能になるという症状だった。
NVIDIAドライバを一旦削除しようと調べている内に、バージョンが不統一(別バージョンのものが混入している)に
なっていることに気が付いた。

削除を徹底するために、古いバージョンのも全部抹消することを試している内に、
ビデオドライバをセーフモードでインストール操作をするツールを見つけた。
また、一度インストールしたことのある古いドライバもWindows10では内部に保管する機能があり、
別のバージョンが混入する可能性を完全に排除するため、この保管されているドライバもクリーニングできる
ツールを見つけてきた。

リアルモードでビデオドライバをアップデートするのはトラブルの原因になることがあるらしい。
最新バージョンのドライバをインストールするのに、セーフモードで且つバージョンの
混入が考えられない状況を準備して試したところ、リアルモードでも起動が正常になった。

通常起動ではフリーズしてしまうので、原因究明だけで1日半かかった。
セーフモードにすることだけでも何度も起動を繰り返してしまって、
形にできるまで、まる2日かかってしまった。

ビデオドライバに関しては、バージョンが大きく変わるなどの場合、セーフモードでクリーンにした上で、
セーフモードでドライバ・インストールを完了させたほうが良いようだ。リアルモードでのドライバ更新では
画面が消えたり、応答が無くなったりすることも有るが、それが防げるような気がする。
OK キャンセル 確認 その他